青汁の3大原材料

青汁の3大原材料としてあげられるのが、「大麦若葉」「ケール」「明日葉」です。
それぞれの効果については、「青汁の代表的な効果とは?」でも解説していますが、その効果を生み出しているのが、この3大原材料を初めとする様々な野菜や植物です。

青汁とひとくちに言っても、全ての商品が同じ原材料で出来ている訳ではありません。
ほとんどの商品には主な原材料としてこの【3大原材料】が含まれていることがほとんどです。
この原材料によって得られる効果も大きく変わってくるのです。
青汁の原料であるケールについて詳しくはこちらで解説されています。

商品を購入する際には、どのような材料が含まれていてどのような効果を得られるのかをきちんと確認しましょう。

大麦若葉は他の材料に比べるとクセがないため、比較的飲みやすくなっています。
ビタミン・ミネラルはもちろんですが、酵素も多く含んでいます。
その他にも、現代人に不足していると言われている栄養素を補うことが出来ます。
効果としては、便秘解消や活性酵素を除去するという働きがあります。

ケールには、キャベツの原種でビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれています。
また、ビタミンAやビタミンCも多く含まれているため、身体の免疫力を向上させる働きもあります。
このように豊富な栄養素が含まれていることから、「野菜の王様」とも言われています。
日常の食生活で摂取するのが理想ですが、ケールは通常の料理などに使うには独特な苦味があるため、味が苦手だという方も多いのですが、栄養素が魅力となり愛用されている方が多いのも事実です。
比較的、味を感じずにすむ青汁から摂取するのが最も効率良いといえるでしょう。

明日葉は葉を摘んだ翌日には芽を出すため、この名前が付けられました。
明日葉には、カロチン・ビタミンB・ナトリウム・カリウムなどが多く含まれています。
ガンの抑制効果や抗菌作用、便秘解消などの効果が期待できるため、非常に高い人気を誇っています。

このように青汁は、含まれている材料によって期待できる効果も変わります。
また、全ての材料が含まれているからと言って、全ての効果を得られるというわけでもありません。
健康食品は、まず身体に不足している栄養を補う働きをしますので、期待している効果があるのであれば継続的に摂取を続けることが大切です。
こちらには効果を期待できる青汁の飲み方が紹介されています。
粉末タイプを溶かして飲むのが一般的になっていますが、サプリメントタイプもあります。
味が苦手な方や忙しい現代人にはサプリメントタイプが合っているかもしれません。

Copyright© 2012 青汁で健康な生活を! All Rights Reserved.

青汁の効果・効能や飲み方・服用方法、原材料などを解説したサイトです。