青汁の歴史

現代人の偏食による野菜不足や、栄養不足を補うために「青汁」は大きな注目を浴びています。 テレビCMでも様々な商品が紹介されているため、名前を聞いたことがない人はいないほど広く認知されているのではないでしょうか。
こちらに 緑効青汁やコラーゲン青汁・熊笹青汁などのいろいろなメーカーの商品の特徴がかかれているサイトがありますので参考にしてください。

青汁の歴史は長く、日本最古の医学書にもその存在が記されています。 しかし、今のように健康食品としてではなく、薬として利用されていました。 青汁の高い栄養素に関しては、そんなにも昔から注目されていたのですね。

とはいえ、現在私達が「青汁」として認識しているものが世の中に広まったのは戦後だと言われています。 ただし、戦後は食料不足などが起きていたため、野菜そのものを使用するというより野菜の捨てられた部分を使用して青汁が作られていました。 それでも栄養不足が懸念される人や、病気の治療のために利用されていたと言います。

今ではすっかり健康食品として定着した青汁は、普段の生活で不足しがちな栄養素を補う役割を担ってくれています。 そもそも現在では、わざわざ青汁で栄養を摂らなくても済むほど食料は豊富にあります。 しかしそれが逆に、偏った栄養の取り方をしてしまう、という結果になってしまっているのです。 青汁は、その偏った栄養バランスを取り戻すためにも注目されているのです。

青汁は「粉末青汁」「冷凍青汁」が主流として愛用されています。 最近では「ジェルタイプ」や「タブレットタイプ」などがあり、青汁と言えば「苦い味」という概念も解決されつつあります。 一昔前までは、青汁の独特な味から、苦手意識をもたれている方も少なくありませんでした。 しかし、粉末状の青汁の場合は牛乳や蜂蜜などを混ぜることにより味を緩和させることが出来ます。 タブレットタイプに関しては、飲み込むだけなので味を気にすることなく摂取できるのが魅力です。 より多くの方に摂取して欲しいという願いから、味の改良も日々進んでいます。

一日に必要な野菜350qを青汁で補えます。詳しくはこちらhttp://www.actoguitar.com/yas.html

もともとは医学的に使われていた青汁ですが、このように現在では誰しもが手軽に飲めるようになりました。 栄養素も豊富に含まれているため、効果を発揮する症状も多岐にわたります。(詳細は「青汁で予防できる病気」で解説しています) 便秘解消・美肌効果・コレステロール値低下・アンチエイジング効果など、様々な効果が期待できるのです。 バランスの良い食生活を心がけることはもちろん大切ですが、なかなか難しいという方には一度に栄養素が摂取できる青汁がオススメです。青汁のおいしく飲めるレシピというのがかいてありますのでお試しください。

Copyright© 2012 青汁で健康な生活を! All Rights Reserved.

青汁の効果・効能や飲み方・服用方法、原材料などを解説したサイトです。