青汁の代表的な効果とは?

青汁は、今では多くの人に知られている商品です。 老若男女をとわず、多くの人々の健康と美容を支えています。 さまざまな商品が開発され、人気の絶えない理由には、健康を維持するために欠かせない栄養素が豊富に含まれていることが挙げられるでしょう。
青汁同様にイソフラボンという成分にも高い美容効果が期待できます。
詳しくは女性ホルモン(エストロゲン)の効果がある大豆イソフラボンの効果的な摂取量というサイトをご覧ください。

含まれている栄養素としては、ビタミンやミネラル、βカロチンに葉酸、カルシウムやポリフェノール、フラボノイドなどが挙げられます。 そして、5大栄養素と呼ばれるたんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルに続いて注目されている、6番目の栄養素「食物繊維」も魅力のひとつです。 青汁の原料となる大麦若葉やケール、明日葉やゴーヤなど、商品に使用されている内容によって栄養価に違いも生まれます。 しかし共通して言えるのは、この食物繊維がたっぷりと含まれているということなのです。
こちらに売れている青汁商品はどれなのか?や、気を付けたい体に悪い飲み方、vipな知識についてなどいろいろな情報が載っているサイトがあります。

上記の栄養素には、免疫力向上や老化防止に効果を発揮するとされています。 さらには花粉症などのアレルギーの緩和や改善、美肌効果やダイエット効果もあるとされ、血圧や血糖値を下げたり貧血の改善も期待されています。 葉酸は妊娠中に胎児の成長に重要とされる栄養素なので、妊婦の方や授乳中の方にも有用性は高いでしょう。(詳細は「青汁で改善できる健康不安」) このように、青汁に含まれている栄養素には積極的に摂取したいものがたくさんあります。

しかし実際のところ、私たちは毎日の生活において、これらの成分をどれほど摂取できているのでしょうか。 青汁なしでは、十分な栄養を摂取するのは非常に困難です。
こちらに青汁の主な原料であるケール・大麦若葉・明日葉の主な栄養素についてや、どのようなタイプの青汁が人気なのかといったことがかいてありますのでご覧ください。

厚生労働省によると、健康を維持するために必要となる野菜の摂取目標量は、成人で1日当たり350g以上とされています。 必要量とされるビタミンやミネラル、食物繊維を十分に摂取しようとすると、現在の野菜摂取量では、到底目標には達していないと言われています。

現代の欧米的な食生活にくわえて、野菜の価格高騰など、野菜不足と言われる背景にはさまざまな要因が挙げられます。 野菜を毎日、そしてバランス良く摂取をしようと心がけていても、十分な量の野菜を食事に取り入れることはなかなか難しいかもしれません。 意識して野菜の摂取をしてみても、結局短い期間しか続かない、ということもあるのではないでしょうか。(「青汁を長く続けるコツ」もあわせてごらんください)

現代の食生活において効率良く、それでいて必要な栄養素を十分にとりたい。 そう考える方にとっては、この青汁はとても心強い味方となるでしょう。
こちらに 青汁の商品を飲みやすさや価格・栄養価などで比較したり、ケールや大麦若葉・明日葉の特徴などがかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright© 2012 青汁で健康な生活を! All Rights Reserved.

青汁の効果・効能や飲み方・服用方法、原材料などを解説したサイトです。